メールでのお問合せはこちら

パオンくん

働き方改革(WLB)

コールドスプレー研究室

私の道しるべ

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) シンコーメタリコン 立石豊

new&evrnt

滋賀でいちばん大切にしたい会社

溶射のシンコーメタリコン 恋するフォーチュンクッキー

溶射のシンコーメタリコン 「企業イメージPV」

溶射のシンコーメタリコン 「滋賀経済NOWの映像」

溶射のシンコーメタリコン 「第1回 びわ湖チャリティー100km歩行大会キラりん滋賀の映像」

溶射のシンコーメタリコン 「シンコープロレス」

黄綬褒章

IT百撰 最優秀企業


溶射のシンコーメタリコン
〒520-3222  滋賀県湖南市吉永405
TEL:0748-72-3311/FAX:0748-72-3355

溶射・表面処理のことなら何でも
ご相談ください。
HVOF溶射・プラズマ溶射・フレーム溶射

お客様相談室 お問い合せ電話番号

0748-72-3312

メールでのお問合せはこちら

リクルート(求人情報)

NCネットワーク

フレーム溶射

溶線式フレーム溶射

施工例


溶線式フレーム溶射

酸素-アセチレン(プロパン)などによる燃焼炎中に線状溶射材料を連続的に送り、溶融させ圧縮空気により微粒化した材料を基材に吹付けて皮膜を形成するプロセスです。溶射材料としては、線状に加工できる金属材料なら溶射が可能です。

溶線式フレーム溶射

溶線式フレーム溶射の構造

 

 特性
亜鉛、アルミニウムのような低融点材料から炭素鋼、ステンレス鋼、モリブデンに至るまで線状に加工できる金属材料は溶射が可能です。
品物の大小を問わず溶射が可能で、広範囲に厚く各種金属を溶射できます。
基材への熱影響がありません。
表面硬化及び摩耗部、ミスカット部の寸法復元に大きな効果があります。
軸受け部などにおいてオイルレスベアリングの特性を発揮します。
母材への熱影響が少ない(溶線式フレーム溶射では、圧縮空気は加工物の冷却にも貢献しています。)
溶棒式フレーム溶射

施工例


溶棒式フレーム溶射 溶棒式フレーム溶射

 特性
完全に溶融されたセラミックス粒子だけが噴射され、素材に被覆されます。
未溶融粒子を含まないため、粒子間結合力が高く、靱性に富んだ皮膜が得られます。
母材への熱影響が少ない(溶棒式フレーム溶射では、圧縮空気は加工物の冷却にも貢献しています。)

棒状に加工した酸化物セラミックスを、酸素-アセチレン炎中に連続的に供給し溶融させ、圧縮空気によって微粒化された材料を基材に吹付け皮膜を形成するプロセスです。溶射皮膜は未溶融粒子を含まない粒子間の結合力の高い優れた皮膜が得られます。

 

溶棒式フレーム溶射の構造

粉末式フレーム溶射

施工例


粉末式フレーム溶射 粉末式フレーム溶射 粉末式フレーム溶射
    粉末式フレーム溶射
酸素-アセチレン(プロパン)などによる燃焼炎中に粉末溶射材料を投入し、燃焼炎中で溶融させ燃焼ガス流により加速し、基材に溶融粒子を衝突させて皮膜を形成するプロセスです。主に溶射後に再溶融処理をする自溶合金溶射やプラスチック溶射に広く利用されています。
粉末式フレーム溶射の構造

 ■自溶合金(Selfーfluxing・alloy)溶射とは
 

自溶合金の特徴はフラックス成分となるほう素(B)、けい素(Si)を含んでいることで、合金の溶融温度を低下させるとともに、再溶融(フュージング)後、選択酸化されることで、合金中の酸化物を還元し、ほうけい酸系ガラス質スラグとなります。これが、基材上の鉄などの酸化物を溶融し、合金の基材に対するぬれ性を向上させ、溶射皮膜と基材の間に相互拡散による合金層を形成させることで、冶金的に結合し、密着力を著しく向上させます。

 

 ■プラスチック溶射とは
  主にナイロン11とポリエチレンを材料とするもので、あらかじめ母材側を予熱しておき、それにこれらの樹脂粉末を溶射して皮膜を形成する方法です。

このページの先頭へ上へ

お問合せ