メールでのお問合せはこちら

パオンくん

働き方改革(WLB)

コールドスプレー研究室

私の道しるべ

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) シンコーメタリコン 立石豊

new&evrnt

滋賀でいちばん大切にしたい会社

溶射のシンコーメタリコン 恋するフォーチュンクッキー

溶射のシンコーメタリコン 「企業イメージPV」

溶射のシンコーメタリコン 「滋賀経済NOWの映像」

溶射のシンコーメタリコン 「第1回 びわ湖チャリティー100km歩行大会キラりん滋賀の映像」

溶射のシンコーメタリコン 「シンコープロレス」

黄綬褒章

IT百撰 最優秀企業


溶射のシンコーメタリコン
〒520-3222  滋賀県湖南市吉永405
TEL:0748-72-3311/FAX:0748-72-3355

溶射・表面処理のことなら何でも
ご相談ください。
HVOF溶射・プラズマ溶射・フレーム溶射

お客様相談室 お問い合せ電話番号

0748-72-3312

メールでのお問合せはこちら

リクルート(求人情報)

NCネットワーク

防食溶射(JIS H8300)

施工例 現地工事


防食溶射(JIS H8300)イメージ

大きな構造物にも溶射が可能で、基材の熱による変形や変質もなく、溶射方法が簡単で移動設備があれば建設現場、又は補修現場において溶射を施工することができます。皮膜自体が耐食性を持つとともに、素地を電気化学的に防食する性質をもっています。
溶射材料には亜鉛、アルミニウム、亜鉛・アルミニウム合金、アルミニウム・マグネシウム合金があります。

防食溶射皮膜の分類

防食溶射(JIS H8300)

最小皮膜厚さの指定範囲は、二重線及び破線の範囲とする。ただし、破線の範囲については受渡当事者間の協定による。
受渡当事者間の協定によって最小皮膜厚さを指定する場合、皮膜暑さの均一性を確保するための溶射の方法、封孔剤の使用、試験方法及び中間値の指定については取り決めることができる。

※亜鉛溶射皮膜はpH6.5以下及びpH12.5以上の水及び水溶液と50℃以上の液温に対しては使用しないことが望ましい。
※アルミニウム溶射皮膜はpH4以下及びpH8.5以上の水中では使用しないことが望ましい。

溶射JIS・ISO

JIS H8300:2011 亜鉛、アルミニウム及びそれらの合金溶射
ISO 2063:2005 Thermal spraying - Metallic and other inorganic coatings - Zinc,aluminium and their alloys

このページの先頭へ上へ

お問合せ